乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image

メディアサービス

ドイツで生まれ、アメリカの道が育てた、ハイパフォーマンスタイヤ ExtremeContact DWS 発売開始

27/05/2014
pic

※本プレスリリースは、ドイツ・ハノーバー市で発表した内容の参考訳です。
  万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。

 

コンチネンタルタイヤ(本社:ドイツ、ハノーバー市)は、乗用車用ハイパフォーマンスタイヤ「ExtremeContact™ DWS(エクストリームコンタクト・ディー・ダブリュー・エス)」を2014年6月2日より順次発売します。

発売サイズは215/45ZR18 93Y~295/25ZR22 97Yの29サイズで、価格はオープンプライス。

 

「ExtremeContact(TM) DWS」は、コンチネンタル社が北米向けに開発した人気商品です。既に発売を開始している「ExtremeContact(TM) DW(エクストリームコンタクト・ディー・ダブリュー)の姉妹品にあたり、幅広く路面状況の変化に対応、性能を発揮するように設計されています。
ブロック剛性を高める「チャムファードエッジ」テクノロジーと、高次元でドライ、ウェット性能を両立する非対称パターンの採用により、乗り心地、快適性を犠牲にすることなく、ドライ路面におけるハンドリング性能や直進安定性を向上。ハイパフォーマンスカーの高レベルな走りに応える確かな性能を発揮します。また、「DTDテクノロジー」が、接地面の発熱分布を均等化することで、燃費性能とロングライフ性能も向上しました。さらにトレッドにドライ性能を示す「D」、ウェット性能を示す「W」、スノー性能(*)を示す「S」の3種類のインジケーターを刻印。それぞれの刻印が摩耗で消えるまでベストなパフォーマンスを発揮する証となっており、ユーザーの安全性を高めています。

 

(*) ExtremeContact(TM) DWSは、スタッドレスタイヤとしての性能は有していません。