乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image

メディアサービス

今年最初のサマータイヤテストでコンチネンタルのスポーツタイヤが最高評価

29/03/2016

今年最初のサマータイヤテストでコンチネンタルのスポーツタイヤが最高評価

※本プレスリリースは、ドイツ・ハノーバー市で発表した内容の参考訳です。
 万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。

Autozeitungが14種類のタイヤをテスト、ContiSportContact 5が「群を抜いて優秀」の評価

コンチネンタルは、13のテスト分野で実施された2016年シーズン最初のサマータイヤテストで、ContiSportContact 5が競合メーカーのタイヤをはるかに上回る最高の評価を獲得しました。Autozeitung(6/16号)の専門家による今回のテストは、欧州、米国、およびアジアのタイヤメーカーから集められた14のサマータイヤモデルを対象に行われました。テストにはAutozeitungのテストトラックが使用され、それぞれのタイヤを履いて一定速度で走行し、その性能特性をウェット路面とドライ路面で調査。テスターが選択したタイヤサイズは、多くのコンパクトカーやミッドレンジのクルマに適合する225/45 R 17でした. 

 

ウェットのテスト分野が終了した時点で、すでにContiSportContact 5の性能は他を圧倒していました。「ブレーキ特性に関しては、コンチネンタルのタイヤは群を抜いていた」とジャーナリストは評価。さらに「レスポンスの高いステアリング、素晴らしいグリップ力、極めて安全」との評価を加えました。ドライ路面でも、ハノーバーで開発されたコンチネンタルのスポーツタイヤはテスターに好印象を与えます。テスターは、そのタイヤの性能を「減速においては最高で、高速でコーナリングしても横方向の動きが安定している」と評価しました。このようなテスト結果を受け、同雑誌は「ウェット路面で極めて素晴らしいグリップ力を発揮し、常に安全である。今回のテストでは、コンチネンタルのタイヤが群を抜いて優秀である」とまとめました。

 

 一方では、Autozeitungのテストチームは、今回のテスト対象に含まれたアジアメーカーの低価格タイヤには満足しませんでした。今回、最低の評価を受けた3つのタイヤはどれもアジアメーカーの低価格タイヤで、ウェット路面での性能については厳しい評価を受けることになりました。Autozeitungのテスターは、「低価格タイヤには警戒が必要だという事実に変わりはない」と評価。さらに、「今回のテストでは、最も価格の低いタイヤは突出した弱さを露呈することもあった。性能面において上位に結果を残したのは、高品質な製品だけだったが、その中でもコンチネンタルのタイヤはオールラウンドで優れた特性を発揮し、それが今回のテストで疑いの余地のない勝者になることにつながった」と論評しました。

お問い合わせ
コミュニケーション 宮川

コンチネンタルタイヤ・ジャパン㈱