乗用車/バン/SUVタイヤ

コンチネンタルは“ストップ・ザ・クラッシュ”キャンペーンに協力します

18/08/2015
  • シャシー&セーフティ部門とタイヤ部門は、特にサブコンパクト・カーへの最先端の安全性技術の標準装備を通じて交通安全を改善するキャンペーンに参加します。
  • グローバルNCAPは世界9か所のNCAP消費者新車安全性テスト機関を傘下に持つ英国ロンドンを拠点にした国際包括的組織です。
  • ESC、AEB(自動緊急ブレーキ)、オートバイ向けABSおよび適切なタイヤ空気圧と接地面の溝の深さの重要性を訴えるためのキャンペーンを実施しています。
  • キャンペーンは世界の指導者やメディア、あるいは11月中旬ブラジルのキックオフ・イベントにて輸送部門管理者の前でスタートします。

国際的な自動車部品サプライヤーでタイヤのトップメーカーであるコンチネンタルの車体/安全性部門とタイヤ部門は、グローバルNCAPの”ストップ・ザ・クラッシュ”情報キャンペーンのパートナーとなります。このキャンペーンはグローバルNCAPによって牽引されています。グローバルNCAPは世界中のNCAP消費者新車安全性テスト機関を傘下に持つ英国ロンドンを拠点にした国際組織です。ANCAP、アジアNCAP、中国NCAP、ユーロNCAP、日本NCAP、韓国NCAP、ラテンNCAPそして米国NCAPおよび高速安全のための保険機関(IIHS)が5点評価を与えるために自動車が満たさなければならない基準を定めます。欧州では大人と子供の乗員を保護するシステムや歩行者保護システムのような衝突回避や軽減システム、そして電子安全性コントール(ESC)、自動緊急ブレーキシステム(AEBS)やアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムのような支援システムがこの評価を獲得するための基本要件となっています。

フランク・ジョーダン、コンチネンタルの執行役員会メンバー兼、

車体/安全性部門・プレジデント

「長年に渡り部品やシステムの継続的な調整や改良することで、長期戦略である”ビジョンゼロ”を追求してきました。我々は”ビジョンゼロ”が3つの連続的なステージから構成されると考えます。最も重要なのは全ての交通事故による死亡を回避すること、その次に負傷者の数をゼロに減らすことです。これら”ビジョンゼロ”を実現できれば、事故件数は確実にゼロになります。」とコンチネンタル執行役員会メンバーでシャシー&セーフティ部門最高責任者のフランク・ジョーダンは言います。「シートベルトやESC、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)、AEBSが商用車に義務付けられて以来、交通事故による死亡、負傷および事故そのものの数は著しく減少しました。しかしながら、年間120万人以上の人々が世界の道路で死亡するなど依然驚くべき高さで、満足できるものではありません。これらの数字を減らすためにしかるべき努力を続けなければなりません」

「衝突回避システムとタイヤの安全性の推進のために、コンチネンタルとパートナーを組めることを喜ばしく思います。2020年までに交通事故による死亡者数を半分に減らすという国連の目標を実現するため、ESCやAEBS、オートバイへのABSの装着、特に急速にモータリゼーションが進むアジアや中南米の国々での普及を強く推し進めて行かなければなりません。我々のキャンペーンの目的はこれら人の命を救う技術への意識を高めることです。もし、これらの技術の普及を加速させることが出来れば、交通事故死の撲滅に向け大きく前進することが出来ます。」とグローバルNCAP事務局長のデビッド・ワードはコメントしました。

“ストップ・ザ・クラッシュ”キャンペーンを通じて、グローバルNCAPとコンチネンタルを含めたパートナーはすでに実用化されている安全性技術の利点への意識を高め、それらをサブコンパクトやコンパクトモデルに採用することを奨励するためのドライビングデモを実施します。ターゲットとなる地域はサブコンパクトやコンパクトモデルカーの割合が多く人口密度の高い新興国になるでしょう。車両技術の観点からすると、ESC、AEBSそしてオートバイ向けABSにフォーカスされるでしょう。また、タイヤに関しては適切なタイヤ空気圧およびトレッド面の溝の深さが重要視されるでしょう。

Nikolai Setzer

ニコライ・ゼッツアー:コンチネンタル執行役員会メンバー兼タイヤ部門責任者

「タイヤは車と道路の唯一の接点です。道路に伝わるすべての力はハガキサイズ以下の面積を経由して伝わります。この状況において、車の停止が間に合うかどうか、あるいは曲がり角をコースを外れずに安全に曲がれるかどうかを決定するのはタイヤです。つまり、我々は世界中のできるだけ多くのドライバーに正しい空気圧に膨らんだハイテクタイヤの使用、および適切な接地面の溝の深さがもたらす安全性について知ってもらいたいのです。」とコンチネンタル執行役員会メンバーでタイヤ部門最高責任者のニコライ・ゼッツアーは話します。「コンチネンタルは安全技術の幅広い分野によるシナジーから便益を得るポジションにいるため、今後技術指向のコンチネンタルプレミアムタイヤ・ブランドを長期ゴールである”ビジョンゼロ”に絡めてポジショニングして行くつもりです。」

コンチネンタルは年2回、中国やインド、マレーシア、メキシコといった国々で最先端の安全性システムとタイヤ関連のトピックスへの意識向上のため、”ストップ・ザ・クラッシュ”キャンペーンの実演デモを計画しています。その目的は世界の交通安全のさらなる向上と交通事故による死亡、負傷、事故そのものの数の削減を実現することです。

 グローバルNCAPの”ストップ・ザ・クラッシュ”キャンペーンは2015年11月18日、交通安全に関する第2回国際会議と同じタイミングで、ドライビングの実演デモをもって正式にスタートします。世界のリーダーや、輸送マネージャーおよびメディア代表者たちのミーティングのスローガンは「結果を示す時 (Time for Results)」です。www.stopthecrash.org の公式サイトを通してキャンペーンをご確認いただけます。このサイトは主要な問合せ先でもあり、#stopthecrashを含むTwitterやInstagram、YouTubeなどのソーシャルメディアのプラットフォーム経由で展開される予定です。

お問い合わせ
コミュニケーション 宮川

コンチネンタルタイヤ・ジャパン㈱