乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image1_lg

テクノロジー

残溝深さに注意

article_66w_image1

タイヤの摩耗インジケーターとは?


タイヤの進行方向に対して横向き、タイヤの溝の間に等間隔にインジケータは設置されており、その高さは1.6mmに設定されています。コンチネンタルは、タイヤ交換を行うべき最低基準を、この1.6mmに設定しています。実際に、この1.6mmという基準は、多くの世界的な輸送サービスにも法的規則として受け入れられています。


コンチネンタルでは、それぞれのタイヤで下記の基準を交換のタイミングとして推奨しています。

・サマータイヤ: 3mm

・ウィンタータイヤ: 4mm



サマートレッド摩耗インジケーターとは?

コンチネンタルの、様々なサマータイヤにおけるサマートレッド摩耗インジケータを紹介します。


サマートレッド摩耗インジケータは、3mmまでタイヤの溝が擦り減ったことをドライバーに教えてくれます。3mmまでタイヤが擦り減ると、インジケータはタイヤ表面と同じ高さになり、路面が濡れている状態でのグリップのパフォーマンスが相当落ちていることを示します。

コンチネンタルは、3mmでタイヤを交換することがパフォーマンスと経済的コストの最適なタイミングとして推奨しています。

ウィンタートレッド摩耗インジケーターとは?

トレッドの深さは、ウィンタータイヤの特性の多くにとって重要な要素です。

コンチネンタルは、4mmまで擦り減ったウィンタータイヤは交換することを推奨しています。4mmまでタイヤが擦り減ると、インジケータはタイヤ表面と同じ高さになり、冬場の走行に対するグリップのパフォーマンスを発揮する限界が来ていることを示します。