乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image1_lg

テクノロジー

タイヤ製造年周の見方

article_66w_image1

タイヤ製造年周についてしっておくべきことは?


どのタイヤのサイドウォールにも、DOTという記号の後につづく数字が記載されており、その最後の4桁の数字がそのタイヤの製造年週を示しています。


最初の2桁の数字は製造週(1~53までの数字)を、後の2桁は製造年を示します。例えば、”DOT xxxxxxx2714”というコードの場合には、2014年の第27週目に製造されたタイヤ、ということになります。


2000年以前の製造番号では、製造年週は4桁の代りに3桁の数字で表示されていました。1990年代前半、コンチネンタルでは(Δ) マークを3桁の数字の後につけて1990年代以前の製造年週と区別していました。(例:DOT XXXXXX274Δ は、1994年27週目の製造)


10年以上前に製造されたすべてのタイヤ(スペアタイヤを含む)は、どんなに使えそうな見た目をしていて、溝が最小まで擦り減っていなかったとしても、すぐに交換することを推奨します。