乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image1_lg

テクノロジー

ContiSeal™: セルフシーリングタイヤテクノロジー

小さなパンクが原因で楽しい旅行をふいにしないでください。

topic_intro_image1

ContiSeal™は、タイヤトレッド部(接地部分)への直径5mm以内の釘等でできた穴をシーラント剤が塞いで空気漏れを防ぐことで継続走行を可能にするテクノロジーです*)。

*)但し、これは損傷時の走行を保証するものではありません。

基本データ

  • 直径5mm以下の例えば釘やネジがタイヤトレッド部に刺さり、内部に達した場合、シーラント剤が釘等を包むように粘着して空気が漏れるのを防ぎます。
  • タイヤの空気圧が失われることがない為、危険な路上でのタイヤ交換、修理の必要がなく、運転を継続することが可能です(詳しくは次ページの「ご使用上の注意事項」をご確認ください)。
  • 運転性能を制限することがないので、通常タイヤと同等の走行が可能です。
topic_intro_image1

テクノロジー

直径5mm以下の例えば釘やネジがタイヤトレッド部に刺さり、内部に達した場合、シーラント剤が釘等を包むように粘着して空気が漏れるのを防ぎます。また、走行中にそれらの釘等が抜け落ちても、シーラント剤が速やかにパンク穴を塞ぎます。タイヤの空気圧が失われることがない為、危険な路上でのタイヤ交換、修理の必要がなく、運転を継続することが可能です*。

*タイヤの損傷に気がついた場合は、できるだけ早くにお買い求めのカーディーラー、タイヤ店で点検を行ってください。また一般のタイヤと同じく、定期的なタイヤ点検をお奨めします。

ContiSeal™とは、タイヤトレッド内側(ショルダー部から他方のショルダー部迄)インナーライナー上全面に渡って粘着性の強いシール層を配したタイヤテクノロジーで、パンクの原因の穿孔の80%を塞ぎます。その為ContiSeal™テクノロジーが使われているタイヤはサイドウォールに「ContiSeal™」マークが明記されておりまず。また全てのホイールでお使いになれます。


ご使用上の注意事項:

  • 快適なコンディションを保つため、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)の搭載をお勧めします。

  • パンク時にすぐにタイヤ交換する必要がなく走行を続けられます。

  • タイヤの損傷に気がついた場合は、できるだけ早くお買い求めのカーディーラー、タイヤ店で点検を行ってください。