乗用車/バン/SUVタイヤ

Stage_image_1_lg

コンチネンタルのサマータイヤに切り替えよう

ABT

サクセスストーリー: ABTとコンチネンタルが挑む、パワーとスピードへの飽くなき挑戦

ABTは1896年に馬のひづめに蹄鉄を打つ蹄鉄店として創業しました。現在はケンプテン(ドイツ)を本拠地としてハンス=ユルゲン・アプトが経営を引き継ぎおり、アウディ、VW、SeatやŠkoda車を取り扱うアルゴイ地域発の高性能チューニングメーカーの代名詞となっています。モータースポーツ業界における長年の経験により、ABTは長時間続くドライビングスリルのためにパワーと安定性の完璧なバランスを創りだします。その過程で、ABTが最も大切にしていることは、全ての車のベストを引き出すこと、つまり
エンジン管理システムを最適化し、ABTエンジンコントロールからより多くのパワーを得るか、ボディスタイリングパッケージ、スポーツホイール、排気システムを追加して、よりスポーティででダイナミックな外観を実現するかです。

Image
Image

1. チャレンジ

限界でのパフォーマンス、ドライビングの楽しさを見守る

ABTはドイツで最も成功したモータースポーツチームの一つです。数々のスポーツカー選手権での優勝実績がそれを物語っており、いかに優れたモータースポーツのノウハウを持っているかを証明しています。その専門性によって走る楽しさをドライバーに提供し、ドイツにおけるABTの存在感を確かなものとしています。

Image

現在のスポーツカーはすでに技術的な限界に達していますが、ABTはスポーティドライビングの楽しさと共にさらなる最適化とパフォーマンスを提供し続けています。ABT R8 5.2 FSIは600HPを誇るなど高いパワーと安定性を実現しています。

Image

2. パフォーマンス

最先端技術の進化

両社は自動車の特性に最も適したタイヤを提供するために、開発からテストまで連携して取り組んでいます。

Image

ABTとコンチネンタルの技術者は両社が協力してタイヤ特性を完璧なものにし続けるようそれぞれの分野の専門性(ウェット路面のブレーキング、コーナリング性能、限界に近づいた時の精度や俊敏性)を共有しています。例えば、ABT RS3 (470馬力)。Conti SportContact 5Pタイヤを装着した時のみ、最高速度(時速285km)に達することができます。

Image

3. サクセス

積み上げてきた成功とこれからの展望

長年にわたるABTとコンチネンタルの努力とノウハウやデータの交換により、ハイパフォーマンス車向けのタイヤ性能は常に向上しています。

この協力関係のおかげで、あらゆる車両クラスやシチュエーションにおいて最適な性能を発揮するタイヤを生み出すことが可能となっています。