breadcrumbs
  1. Home
  2. 会社紹介
  3. 140年の歴史
  4. 1871 - 1926

1871 - 1926

1871年10月8日

コンチネンタル社の前身「コンチネンタル弾性ゴム・グッタペルヒャ社」がハノーバーに誕生。 ファーレンバルトの工場では、四輪馬車、自転車用ソリッドタイヤ、ソフトラバー製品などを生産していた。.

1882年

ハノーバーは有名な馬の産地であったことから、「跳ね馬」がコンチネンタルのロゴとなる。

1892年

ドイツで初めて自転車用空気入りタイヤの生産開始。

1898年

 トレッドパターンなし自動車用空気入りタイヤをハノーバー、ファーレンバルトで生産開始。

1900年

ドイツ初の飛行船 LZ 1 (レッドツェッペリン)にコンチネンタルのゴム加工繊維が採用される。

1901年

コンチネンタルの空気入りタイヤを装着したダイムラー社初の自動車「メルセデス」が「Nice-Salon-Nice」カーレースでセンセーショナルな勝利をおさめる。

1904年

世界で初めてトレッドパターンを採用した自動車用タイヤを発表。

1905年

スチールスタッドタイヤの前身であるリベットアンチスキッドタイヤの生産を開始。

1907年

カードライバー、モーターサイクリストの為にコンチネンタルオリジナルロードマップを発行。

1908年

セダン用に取り外し可能なリムを考案。このリムはタイヤ交換の時間と労力を軽減する画期的な発明であった。 

1909年

バイエル薬品の実験室で開発された合成ゴムのサンプルは、コンチネンタルによって加硫に成功し、初めての合成ゴム試作タイヤが造られる。

ルイス ブレロワ(Louis Blériot)が、イギリス海峡横断飛行を初めて達成。その機体と翼には、コンチネンタル社製のゴム素材が使用されていた。

1912年

建築家 Peter Behrens の設計でファーレンバルダー通りに本社ビルを建設。この建物は、1986年に商工会議所が買い取り、その後コンチネンタルの技術センターとなっていた。

1914年

フランスGPにおいてコンチネンタルタイヤを装着したダイムラー社の車が1位から3位までを独占。

1921年

コンチネンタル創立50周年記念に際し、ドイツで初めてコードタイヤを発表。それまでの硬いリネン製平織に代わりコード・ファイバー織が採用される。商用車としては、世界で初めての空気入りタイヤであり、それまで使われていたソリッドタイヤから替わっていく。