breadcrumbs
  1. Home
  2. 乗用車用タイヤ
  3. ランフラットタイヤ

SSR – サイド補強型ランフラットタイヤ

<SSRとは> 

SSR は、SelfSupportingRunflat の略で「サイド補強型ランフラットタイヤ」のことです。                                                       

                                                            

  

 

コンチネンタルのSSRタイヤは、空気圧が失われた状態でもタイヤ自体が車両を支えられるように、サイドウォール部に頑強なゴム材を補強し、強化したサイド補強型ランフラットタイヤです。専用のホイールは必要なく、通常のホイールへ装着可能です。パンクなどで空気圧がゼロになった状態でも時速80km/h以下で80kmまで安全な走行が可能で、ハンドリング性能と乗り心地性能を高次元で両立しています。SSRは特に扁平率50以下のロープロファイルタイヤに適しています。       

                                                                                                  

  

 

 SSR のアドヴァンテージ>

1)パンクをしても所定のスピードで所定の距離を安全に走行できる為、高速道路や危険な場所でのタイヤ交換が不要になり、タイヤ交換ができる最寄の施設までそのまま運転して行くことができます。

2)専用のホイールは必要ありません。お手持ちのホイールへ装着可能です。

3)スペアタイヤが不要になりますので、車両空間の自由度が上がり、より有効に活用することができます。                          

                           

<SSRと通常タイヤ パンク時比較>

従来品パンク時の形状:タイヤが壊れ、走行不可 SSRタイヤパンク時の形状:パンクしても80km/h以下で80kmまで走行可
SSRタイヤ:通常走行時 高速コンピューター FEMによるシミュレーション

<タイヤ空気圧警報装置の装着>

タイヤのパンクの主な原因は、タイヤの損傷に因りゆっくり進行するエア漏れでですが、ランフラットタイヤはパンクしてもドライバーが気づきにくい為、タイヤ空気圧警報装置の装着が必須となります。

Source: BMW

ビデオのダウンロードは、ここをクリックしてください。 here (3,4 MB, wmv-format)        

          

<ランフラットタイヤの保有>

ランフラットタイヤの保有は、以下のタイヤにあります。サイズの確認は各タイヤの商品ページ 「サイズ一覧」でご確認ください。

 サマータイヤ

  - ContiSportContact 5 SSR
  - ContiSportContact 3 SSR
  - ContiSportContact 2 SSR
  - ContiPremiumContact SSR

  <SUV 用>

  - ContiCrossContact UHP SSR
  - ContiCrossContact 5 SSR for SUV