乗用車/バン/SUVタイヤ

「エクストリーム E」
2021年レビュー

「エクストリーム E」のファーストシーズンを振り返る

2021年、環境と社会貢献に焦点を当てた、モータースポーツでは初となる電動オフロードレースシリーズ「エクストリーム E (EXTREME E)」がスタート。9チーム、男女各2人ずつ計18人のドライバーが、5つの大きく異なるバイオームを舞台に、世界各地でレースを繰り広げました。レース中は、開催地やその国が持つ様々な環境問題に直面し、その結果、気候変動がもたらす被害と対策の必要性がより一層浮き彫りになりました。その結果、問題を抱えるエリアの環境破壊を食い止めるためのレガシープログラムも作成されました。

「エクストリーム E」のCEO兼創設者、アレハンドロ・アガグのインタビュー

Start


数字で振り返る 2021年「エクストリーム E」

2021年「エクストリーム E」の総括

 

砂漠 X Prix

エクストリーム E 2021は、干ばつと砂漠化が進むサウジアラビアで開催された「デザートX Prix」からスタートしました。暑さと容赦ない地形がドライバーに試練を与えましたが、参加チームはものともしませんでした。

Start
Start
 

オーシャン X Prix

第2戦はアフリカのセネガルで開催されました。そこでは海洋生態系が危機に瀕しています。砂州、塩田、砂利、岩場など、さまざまな環境下でのレースが展開されました。

Start
Start
 

北極 X Prix

第3戦となる「北極 X Prix」では、グリーンランドを訪れました。氷冠の融解と海面上昇により、動物種にプレッシャーがかかる特殊な生態系です。以前は氷河だった土地を走行するため、チームのドライビングスキルはまったく別の次元で試されることになりました。

Start
Start
 

アイランド X Prix

サルデーニャ島では、第4戦となるアイランド X Prixが開催されました。気温の上昇と熱波により、山火事が多発。このレースでは、地形が大きく変わり、コンパクトな路面や自然の障害物が多く存在しました。

Start
Start
 

ジュラシックX Prix

最終戦となる第5戦は、イギリス・ドーセット州で開催された「ジュラシック X Prix」。海面上昇により、海岸の浸食が進み、取り返しのつかない被害が出ていることがよくわかります。優勝したロズベルグXレーシングは、視界の悪い中、激しい競争を強いられましたが、勝利を収め、エクストリームEの初代チャンピオンに輝きました。

Start
Start
 

2022年のエクストリーム Eはどうなるのでしょうか?ヒントをあげるとすれば、南米が登場するかもしれないということです。詳しくはコンチネンタルの公式チャンネルでご報告します。

2021年「エクストリーム E」ハイライト

関連トピック

「エクストリーム E」の概要

About Extreme E – The electric car racing series

「エクストリーム E」は、世界で最も過酷な地で行われる、未だかつてない電動SUVによるオフロードレースシリーズです。

続きを読む

オデッセイ 21

The Extreme E car driving in the desert at Dakar Rally.

過酷な条件下で行われる「エクストリーム E」シリーズでは、究極の車両が必要になります。このレースでは参加者全員が標準化された同じ装備の全電動SUVを運転します。

続きを読む

究極のレースに求められる究極のタイヤ

CROSSCONTACTは、世界で最も過酷なレース「エクストリームE」でクルマが直面する多様で厳しい気候や路面状況に対応する為に特別に設計された高性能タイヤです。

続きを読む

ニコ・ロズベルグとコンチネンタルタイヤのパートナーシップ

Meet Nico Rosberg, our brand ambassador

コンチネンタルタイヤのブランドアンバサダーに就任したニコ・ロズベルグ。私たちが共有する価値観、そしてサステナビリティへの道のりや彼がなぜモータースポーツをe-モビリティの重要なプラットフォームであると考えるのかなどについて語っています。

続きを読む