乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image

メディアサービス

コンチネンタルタイヤ、 PremiumContact 6が2つの栄えある国際的デザイン賞を獲得

31/08/2017

 ※本プレスリリースは、現地時間2017年9月12日にドイツ・ハノーバー市で発表した内容の参考訳です。

  万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。

PremiumContact 6 30° Web 2000px

大手タイヤメーカーであるドイツのコンチネンタルタイヤは、ミドルレンジからラグジュアリーモデル向けのサマータイヤ「PremiumContact 6」が魅力的なデザインを評価され、このたび国際的に栄えある2つのデザイン賞「iFデザイン賞 2017」と「レッドドット・デザイン賞 2017」を受賞したと発表しました。

「PremiumContact 6」の開発に携わったコンチネンタルタイヤのデザイナー、ウルリッヒ・ベールは、以下のように述べています。

「このたびの受賞を非常に嬉しく思っています。新しいタイヤのデザインを考えるとき、通常はまず、トレッドパターンのことを考えます。これは、一層高まるタイヤの安全性、操作性、快適さへの期待に応えるためには、非常に重要です。しかし、サイドウォールのデザインもまた重要です。サイドウォールは、消費者が必要とし、その多くが法律で義務付けられている情報を保持しているだけでなく、そのデザイン的な特徴により、タイヤにアイデンティティを与えるうえで一役買っています。しかも、そのアイデンティティは、各製品ラインアップに共通した外観とも一致していなければなりません。」

「iFデザイン賞」と「レッドドット・デザイン賞」 は、世界で最も権威ある産業デザイン賞の2つであり、特に消費者にとって有益なデザイン品質を称えるものです。どちらの賞においても、受賞者は、独立した国際的専門家から成る審査員団により選ばれます。

iF_DesignAward2017red_l_RGB

「PremiumContact 6」は、デザインのみならずその優れた性能で、発売時より様々な自動車雑誌で高い評価を得てきました。なかでも、AutoBild誌のサマータイヤテストでは、51の競合タイヤ中 ウェット路面とドライ路面上での最短制動距離を記録しました。また、「エコチャンピオン」の称号も獲得しており、このことは卓越した低転がり抵抗とマイレージに反映される環境性能とタイヤの安全性能のバランスが非常に優れていることを示しています。

PD2017_RD_line_RGB
お問い合わせ
Naoko Miyakawa ConNext
コミュニケーション 宮川

コンチネンタルタイヤ・ジャパン㈱