乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image

メディアサービス

コンチネンタルタイヤ、アジア太平洋地域における メルセデス・ベンツのプリファード・パートナーに認定

31/10/2018

コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:グレゴリー・メイ)は、ダイムラー社よりグローバル・メルセデス・ベンツ・アフターセールス・タイヤプログラムの一環として、アジア太平洋地域のプリファード・パートナーに認定されました。このパートナーシップは、日本、中国、台湾、韓国、 オーストラリア、ニュージーランド、インド含むアジア太平洋地域を対象とするもので、期間は2018年9月から2020年8月までの2年間です。独自のマーケティングコンセプト開発のほか、共同で販売キャンペーンや セルアウト・プロモーションを実施していきます。アジア太平洋地域でしっかりとした足場を築こうとしている両社にとって、それぞれに利益をもたらす戦略と言えます。

certificate_title

ダイムラー社では、以前よりアフターセールスビジネスにおけるシェア拡大を図りタイヤ販売を世界的に成長させながら、タイヤプログラムの強化に努めてきました。プリファード・パートナー・プログラムはこのような背景から生まれ、タイヤのアフターセールスにおけるより密接な協力関係を構築し、店舗内販売の促進とメルセデス・ベンツとタイヤメーカー間の情報共有が実現できるように開発されました。ダイムラー社 アフターセールス・マネージメントのシニアマネージャーであるHubert Sollner氏は次のように述べています。

「ヨーロッパでは、メルセデス・ベンツとコンチネンタルのアフターセールスにおける協力関係は、1年前に既に始まっています。この協業のアジア太平洋地域への拡大により、メルセデス・ベンツ販売チャネルにおける  タイヤビジネスの成長だけでなく、メルセデス・ベンツのお客様にプレミアムなフルサービスの体験を提供できることを私たちは大変うれしく思っています。」

これは、アジア太平洋地域でのプリファード・パートナーに認定されたコンチネンタル タイヤがダイムラー社と共同で策定した戦略により、個々のお客様に対して素晴らしいサービスだけでなく、メルセデス・ベンツ車専用に開発、承認され、メルセデス・ベンツ専用マークMO / MOE / MO1 / MOSが刻印されている純正タイヤを提供することを意味します。

2021年までにタイヤ売上の倍増を目指しているダイムラー社と共に、コンチネンタルタイヤはこのパートナーシップにより、同社の目標である「Vision 2025(ビジョン 2025)」の重点地域であるアジア太平洋地域で、さらなるプレゼンスを高め、世界3大タイヤメーカーの一つになるという目標に向けて一歩前進することになります。  コンチネンタルタイヤのアジア太平洋地域乗用車用リプレイスメントタイヤ事業部エグゼクティブ・バイスプレジデントであるFerdinand Hoyos氏は次のように述べています。「このプログラムによるダイムラー社との密接なパートナーシップが、メルセデス・ベンツ車への純正タイヤの提供にとどまらず、交換用タイヤにまで拡大することを大変うれしく思っております。コンチネンタルタイヤは、アジア太平洋地域の全てのマーケットで、このプログラムを支える専門チームを備え、積極的な営業・マーケティング活動を進め、タイヤビジネスの専門知識とトレーニングを提供していきます。これは、成功への目標を共有している両社にとって素晴らしいパートナーシップです。」

お問い合わせ
Naoko Miyakawa ConNext
コミュニケーション 宮川

コンチネンタルタイヤ・ジャパン㈱

 

当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。詳細の確認またはクッキー設定の変更については、ここをクリックしてください。