乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image

メディアサービス

コンチネンタルタイヤ、ドイツの自動車雑誌「Auto Zeitung」誌の サマータイヤ評価テストで堂々の1位を獲得

12/03/2019

※本プレスリリースは、現地時間2019年2月20日にドイツ・ハノーバー市で発表した内容の参考訳です。万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。

PremiumContact™ 6

コンチネンタルタイヤ(日本法人: コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社、所在地: 東京都品川区、代表取締役社長:グレゴリー・メイ)は、ドイツの自動車雑誌 『Auto Zeitung』  が行ったサマータイヤ評価テストにおいて、「PremiumContact™ 6(プレミアム・コンタクト 6)」が他を大きくリードして1位を獲得したことを発表いたしました。テストは、タイヤサイズ235/45R18のコンチネンタルタイヤを含むサマータイヤ9ブランドとオールシーズンタイヤ1ブランドで行われました。テスト車両はシュコダ・スペルブのステーションワゴンが使用され、ウェットとドライの両路面で性能評価が行われました。

 

PremiumContact™ 6は、ウェット路面での走行で最高150点中142点。ドライ路面での走行においては150点中135点と高得点を獲得し、総得点300点中277点と2位以降に25点以上の差をつけてテスト勝者に選ばれ、専門家達からは「最大限の安全性、高いレベルの快適さと優れてダイナミックなハンドリング性」と高い評価を得ました。『Auto Zeitung』誌の性能評価項目はブレーキング、ハンドリングなどの従来の評価項目に加え、転がり抵抗やタイヤノイズ、ロードノイズなどの環境性能を含む全13項目にわたりました。

 

PremiumContact™ 6は、快適性とスポーツ性を融合したスポーティコンフォートタイヤです。日本国内での発売サイズは、現在15インチから22インチまでの76アイテムで、コンパクトカーからスポーティカー、SUVまで幅広い車種に適合します。

 

PremiumContact™ 6の製品動画は、以下の日本公式YouTube ページにてご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=3sANIgscDEU

Start

 

このページをシェアする
お問い合わせ
Naoko Miyakawa ConNext
コミュニケーション 宮川

コンチネンタルタイヤ・ジャパン㈱

 

当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。詳細の確認またはクッキー設定の変更については、ここをクリックしてください。