乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image

メディアサービス

コンチネンタルタイヤ、サーキット走行も楽しめるスポーツ性能と環境性能を高次元で両立した次世代のスーパースポーツタイヤ「SportContact™ 7」を新発売

08/02/2022
  • スーパースポーツタイヤのフラッグシップ「SportCotact™ 7」を2022年6月1日より新発売。
  • 最新の市場トレンドに対応するために3つの新しい技術を搭載。
  • あらゆる車両クラスにおいてコンチネンタル史上最高のドライビングプレジャーと高い走行安全性、優れた耐摩耗性、環境性能を提供。

コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区/代表取締役社長:ニコラオス・キリアゾプロス)は、あらゆる車両クラスにおいてコンチネンタル史上最高のドライビングプレジャーを高い走行安全性と優れた耐摩耗性、環境性能と共に提供する次世代のスーパースポーツタイヤ「SportContact™ 7(スポーツ・コンタクト・セブン)」を2022年6月1日より発売します。発売サイズは19~23インチの30サイズで、順次拡大予定です。価格はオープンプライス。

 
SportContact™ 7」は、発売以来「sport auto」や「AutoBild sportscars」をはじめとする海外自動車雑誌のタイヤテストで1位を数多く獲得し、高評価を得ている「SportContact™ 6」の後継商品で、世界の自動車メーカーやチューナーの高い支持を集め、トップモデルに新車装着タイヤとして多くの採用実績があるスポーツタイヤのフラッグシップモデル「SportContact™」シリーズの最新商品です。サーキットユースにも対応しており、コンチネンタルがAutoBild sportscarsと2年毎に行っている最速チャレンジイベント「Papenburg 3000」では、「SportContact™ 7」を装着したKlasen Motors 社のランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテが、3000mスプリントで2021年、384.12km/hを記録しました。

 

今回「SportContact™ 7」の開発は、最新の市場トレンドに対応するためにすべての性能基準において完成度を最大限に高めることに注力して行われました。この15年間で自動車は約10%重くなり、エンジン出力も30%近く大きくなっていますが、その一方で自動車のCO2排出量は30%減っています*1。「SportContact™ 7」は、耐荷重を向上させると共に、耐摩耗性も大きく向上させました。また、燃費においても欧州タイヤラベルでグレード「C 」*2を獲得。当社のスーパースポーツタイヤセグメントの中で最も優れた低燃費性能を有しています。当製品は、車両が本来持つパフォーマンスを最大限に発揮させながら環境負荷の低減にも貢献。従来型、電動式を問わず、高出力なハイパフォーマンスカー、スポーツカーにとって 安全で適切な選択肢となるタイヤです。

【SportContact™ 7の商品特徴と新しく採用された技術】

1. ドライ路面とウェット路面での高速走行時に正確なハンドリングとグリップ力、コントロール性を発揮する『アダプティブ・パターン』

アダプティブ・パターン

2. あらゆる車両/重量クラスのクルマにスポーティなドライビングフィールを提供する『テーラーメイド・コンストラクション』

テーラーメード・コンストラクション

3. 走行距離を伸ばし、次のレベルのドライビングプレジャーを生み出す『ハーモナイド・ブラック・チリ³・コンパウンド』

ハーモナイズド・ブラック・チリ・コンパウンド

*1 )出典: www.acea.auto
*2 )2021年に導入された新しいラベリング制度では、「燃費」と「ウェットグリップ性能」のクラス分けが再構成され、それぞれA・B・C・D・E の5グレードで表示されます。欧州タイヤラベルにおける燃費(転がり抵抗)「C」 は、JATMAラベル「A」 に相当(一概に比較はできません)します。


【発売サイズ】


サイズ表

※2022年6月発売予定の30サイズ
※XLはエクストラロード
※MGTはマセラティ承認マーク

このページをシェアする
お問い合わせ
Naoko Miyakawa ConNext
コミュニケーション 宮川

コンチネンタルタイヤ・ジャパン㈱