乗用車/バン/SUVタイヤ

stage_image1_lg

タイヤをもっと知ろう

正しい空気圧の管理

Start
airpressure

空気圧が不足したタイヤでの走行は、燃費の悪化だけではなく、走行性能や操縦安定性の低下、偏摩耗や損傷、ハイドロプレーニングを起こしやすくなり、事故につながる危険性があります。
スペアタイヤも含め、全てのタイヤの空気圧をできれば2週間に一度、最低でも1ヶ月に一度は点検し、適正空気圧に保つ様にしましょう。
適正タイヤ空気圧は車両ごとに設定されており、ほとんどのクルマで、マニュアルかフューエルリッドカバーの裏、または運転席のドア開口部に記載されています。

空気圧確認の際は、次のことに注意して行ってください。

  • タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時にエアゲージで点検し、指定空気圧に保つようにしましょう。
  • 自然漏洩等によっても空気圧は低下します。月に1度は点検して指定空気圧に調整しましょう。
  • 走行によって空気圧が上昇しても空気を抜いてはいけません。
  • タイヤバルブが劣化すると空気が漏れやすくなります。
  • 窒素ガスのタイヤへの充填は、空気圧減少をわずかに遅くすることが認められていますが、窒素ガスの使用がタイヤの空気圧を定期的にチェックすることの重要性を代替するものではありません。
このページをシェアする