乗用車/バン/SUVタイヤ

Stage_sc6

EcoContact™ 6 モニターインプレッション

走りにこだわりのあるオーナーさんにこそオススメしたい

●モニター/松田様
●車両/日産 ノート

直進安定性が飛躍的に向上

 

メルセデス・ベンツEクラス、BMW 5 シリーズ、ホンダNSX など複数の車両を用途毎に使い分けているという松田さんは、カークラブに所属して日本各地のイベントに参加するほどのクルマ好き。それだけに、今回EcoContact 6 を装着した日産ノートに関しても、交換前にはハイグリップが売りの某国産スポーツタイヤを装着していたそうだ。しかし、「標準サイズからインチアップしてワイドなタイヤを履かせていたこともあって、轍やちょっとした段差でもかなりハンドルを取られていました」とのこと。ところが今回同サイズのEcoContact 6 に交換した結果「直進安定性が飛躍的に向上し、リラックスして走れるようになりました」と報告してくれた。

快適性もコンフォートタイヤと遜色ないレベル

 

松田さんは、いわゆる『エコタイヤ』について「低燃費性能やタイヤ寿命を重視する余り、乗り心地やウエットグリップ性能はいまひとつ」というイメージを持っていたそうなのだが、EcoContact 6 に関しては「雨の日でも不安なく乗れるし、乗り心地やロードノイズといった快適性もコンフォートタイヤと遜色ないレベルなので驚きました。現時点では100%満足しています」とベタ褒め。ただし、インタビュー時点でまだ1500kmほどしか走っていなかったこともあり、「タイヤというのは磨耗による性能の劣化がどのくらいあるのか?も重要な評価要素なので、これから時間をかけてじっくり検証していきたいと思います」とクルマ好きらしい言葉で結んでくれた。