乗用車/バン/SUVタイヤ

Stage_sc6

EcoContact™ 6 モニターインプレッション

ハイブリッドカーや半自動運転装置装着車にお乗りの方に特にオススメです

●モニター/臼井様
●車両/メルセデス・ベンツ C350e

プラグインハイブリッドカーでも気にならない静寂性

 

Us-DSC_0036V1

臼井さんが日常の足として使用している2016年式メルセデス・ベンツ C350e は、外部充電器を備えるプラグインハイブリッドカーだ。電気だけでも長い距離を走れるクルマだけに、ガソリン車では気付かない微細な変化を感じ取れるらしい。
臼井さんいわく「電気走行時に感じる音はロードノイズと風切り音なのですが、私は風切り音が気になるほどの速度で走らせる機会は滅多にありません。それだけにタイヤと路面が発する音には敏感なんですが、EcoContact 6 は以前に装着していたContiSportContact 5 と比べると、音質が低めで音量も抑えられており、音はほとんど気にならないですね。また、乗り心地も柔らかい感じなので気に入っています」とのこと。

直進安定性に優れ、コーナーリング性能も秀逸

Us_DSC_0220P

臼井さん自身はクルマやタイヤについて細かいこだわりはなく、「基本的には全て主人任せです」ということだったので、ご主人にもお話を聞いてみた。すると、「さすがにメルセデス・ベンツのMO(承認)タイヤだけあり、一般道、高速道ともに安全かつ快適に走れます。C350e は車重が重くて1.9トンもあるのですが、車重を感じさせないほどスムーズにコーナーリング出来るので驚きました。交換前に装着していた同じコンチネンタルのContiSportContact 5 も決して悪くはなかったのですが、今回のEcoContact 6 の方がランフラットタイヤでない分、メルセデスの足に合っていると思うし、私の好みにも合っていますね」と、かなりの高評価をいただいた。

当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。詳細の確認またはクッキー設定の変更については、ここをクリックしてください。