乗用車/バン/SUVタイヤ

Stage_Why_conti

VikingContact 7

VikingContact 7 スペシャルインプレッション

VikingContact 7 のインプレッションをプロスキーヤー3名にお聞きしました。雪上を舞台に活躍、氷雪路面の移動も多い冬を知り尽くすプロの視点からコメントを頂いています。

dts_ayana

©2019 Hiroshi Suganuma

小野塚 彩那/プロスキーヤー

  • 2014年 ソチオリンピック 銅メダル
  • 2017年 フリースタイル世界選手権 金メダル
  • 2016年、2017年 FISフリースタイルワールドカップ 2年連続総合優勝

タイヤがしっかり路面をグリップしている感覚。

【車両/ジープ グランドチェロキー】

降雪時も雪が踏み固められた道でも、VikingContact™7は路面をしっかりとグリップしている感覚が伝わってきます。様々なコンディションの冬道を走行しましたが、高速道路の車線変更や信号での停車時を含めてスリップは一度もなく、より安心して運転できました。

インプレッションを読む
dts_naoki

©2019 Go Fujimaki

湯浅 直樹/アルペンレーサー

  • 2006年 トリノオリンピック 7位入賞
  • 2011年 アルペン世界選手権 6位入賞
  • 2018年 全日本スキー選手権 SL優勝

クルマのパフォーマンスを存分に引き出してくれる。

【車両/アルファロメオ ステルヴィオ】

剛性の高さが際立っており、クルマ本来のパフォーマンスを余すところなく引き出してくれるタイヤだと思います。「止まる」「曲がる」の基本性能が高く、高速道路などでの静粛性もトップクラスだと感じました。雪上からドライ路面まで高い走行性能を支えるスタッドレスタイヤです。

インプレッションを読む
dts_hisashi

SAJ承認第00804号 ©2019 Hiroshi Suganuma

松沢 寿/SAJ全日本ナショナルデモンストレーター

  • 2019年 インタースキー日本代表

路面状況に左右されないスムーズな走り。

【車両/スバル レヴォーグSTI】

冬の活動エリアである白馬では、深い雪道や凍結路、シャーベット状の路面まで幅広く対応してくれます。ドライな路面でも、剛性と柔軟性のバランスが良く、アクセル&ブレーキ操作に対してロスがない印象です。あらゆるコンディションで、スムーズかつ安心感をもって走行できます。

インプレッションを読む
VikingContact™ 7

目まぐるしく変化する冬の路面で、常に高性能を発揮する、コンチネンタルのフラッグシップ・スタッドレス。

当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。詳細の確認またはクッキー設定の変更については、ここをクリックしてください。