乗用車/バン/SUVタイヤ

Stage_Why_conti

VikingContact 7

スッと転がる感覚はスタッドレスという意識も消えてしまう

●モニター/瀧澤様
●車両/ボルボ V70

届いてまず感じたのは、タイヤを触った時にとても柔らかく思えた事です。ブロック部分は元より、サイドウォールもとても柔らかで、気温が下がった積雪路面などでもこの柔らかさがしっかりとグリップしてくれる感じを受けました。

 

装着して走り出してすぐ、タイヤの転がり感がとても良く感じられました。タイヤ自体の精度が良いというのでしょうか、スッと転がる感覚はスタッドレスという意識も消えてしまう感じです。ちなみに空気圧はメーカー推奨値で合わせてあります。タイヤの柔らかさが乗り心地にも影響しているのか、路面のギャップを拾った時のショックも当たりが柔らかく感じられます。

 

市街地走行では発進及び停止のグリップ感も純正装着のミシュランに遜色無いですし、ハンドリングもしっかりした感じを受けます。車線変更時にありがちなグニャリ感が少ないのも、タイヤの柔らかさから想像出来ない程です。

 

高速走行時も、しっかり感があり、レーンチェンジなどでも不安になる事がありません。速度を上げてもフワつく事も無く、かなりのハイペースでも安心してドライブ出来ます。

山道ではアクセルオンでパワーに負け気味になる場面もありますが、コントロールも楽に行えて破綻するような事もありません。

 

また直進安定性は全く損なわれていないのは素晴らしいと思います。パターンノイズも荒れ気味の舗装路では少し耳につく感じもしますが、良い舗装路では気になるものでは無く、静粛性も良いと思います。

 

たまたま凍った雪道を少し乗る事が出来たので、発進と停止を試しましたが、アイスバーンでは国産タイヤに分があるかな…という感じも受けました。これはアイスバーンに特化した国産タイヤ、高速域でも安定性を持たせオールマイティーを重視したコンチネンタルの目指す方向の違いの部分でしょうか。

 

愛車ボルボとの相性はとても良いと感じました。ボルボの持つ直進安定性は損なわれていないのと、当たりの柔らかな乗り心地、ノイズも気になるレベルではありません。スタッドレスという意識が無くなる位に普通に乗れるのはとても嬉しい事です。

 

また、タイヤのサイドのデザインがカッコいい!これも嬉しいポイントです。注目度もあるようで、高速のパーキングなどでもタイヤを見ていく人が多かったようです。

 

残念なのは、ウエット路面でのドライブをまだ試せていない事です。それと、柔らかさ故に磨耗性が早いのかどうか…が気になるところです。

 

常に雪道を走るという訳でも無いので、普段乗る時にしっかり感があり、高速でも安定しているのは自分のドライブスタイルに合っていて良いと思っています。これからの時期、雪道をドライブする機会も増えるので、降雪時にどんな走りになるのか今から楽しみです。

 

それと、タイヤを交換した事を伏せて妻にも運転してもらいましたが「なんか車が良くなったんじゃない?」という感想だった事も追記しておきます。引き続き、色々なシーンでドライブを楽しみながらタイヤをテストしてみたいと思います。

このページをシェアする
お問い合わせ
Naoko Miyakawa ConNext
コミュニケーション 宮川

コンチネンタルタイヤ・ジャパン㈱

 

製品情報

当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。詳細の確認またはクッキー設定の変更については、ここをクリックしてください。