乗用車/バン/SUVタイヤ

ContiConnect stage image

未来のタイヤはコネクテッド

クルマを持っていなくても、インテリジェント・タイヤは重要です

インテリジェント・タイヤは、メンテナンスの手間とコストを削減することで、カーオーナーの生活を快適にします。不要な故障をなくし、タイヤの空気圧を自動的に最適化することで、ドライバーにさらなる安全安心、効率性を提供します。しかし、モビリティの未来を決めるのは、シェアリングと自律走行です。ライドシェアやライドヘイリングが増え、都市部のモビリティだけでなく、モノやサービスの輸送も支援しています。クルマの所有者と運転者が同じではない場合はどうでしょうか?カーシェアリングでは、インテリジェント・タイヤは、ドライバーとクルマのオーナーの両方の利益に役立つデータを収集する必要があります。

 

データに基づくタイヤモニタリング

  • … 車両マネージメントの効率化
  • … カーシェアリングのコストとメンテナンスの削減
  • … エネルギー使用量の最小化と排出量の削減
  • … エンドユーザーの安全性と利便性の向上
  • … 常に整備された車両の供給最適化

インテリジェント・タイヤがモビリティをより効率的に、より安価に、より身近にする理由

想像してみてください。自分の住んでいる地域でクルマを簡単に見つけ、次の場所まで運転し、近くのハブまで自律走行させ、そこでできるだけ早く効率的に修理や充電を行い、次のドライバーに引き取ってもらう。このようなシステムは、もはや夢ではありません。コネクテッド・タイヤは、それを現実のものにしてくれます。

Start
 

ContiSense™がパンクを検知し、ContiConnect™がシステムに警告します。


自律走行車は増加の一途

 

2030年には、ヨーロッパで走行するクルマの40%が自律走行車になるでしょう。

PwC Autofacts「自動車産業を変革する5つのトレンド」
0
2025年までにEUの貨物輸送量が増加
0
2025年までにEUの旅客輸送量が増加
0
炭素排出を2025年までにパリ協定に基づきEUで目指す

自動化によって、交通量の増加と気候目標達成の両立を目指す

Autonomous vehicles are a key factor in sustainable mobility

自律走行車は、持続可能なモビリティの重要な要素です。ドライバーは、カーシェアリング車の可用性、値段の手ごろさ、安全性に関心があります。車両のオーナーやオペレーターは、コストを削減して利用者を増やしたいと考えています。効率化は、ドライバーの関心と車両オーナーの関心が交わる点であり、輸送による二酸化炭素排出量を削減するために力を合わせることができるポイントでもあります。

カーシェアリングサービスを効率的かつ効果的に運営するためには、最小限のリソースで最大限の運営をする必要があります。ネットワーク化された車両管理ソフトウェアは、コネクテッド・タイヤを含む多くの情報源から得たデータを使って、すべての乗車と車両を可能な限り効率的かつ安全に運用します。

車両追跡によるコスト削減と排出量削減

ContiConnectTM links cars with cloud-based mobile apps

ContiConnect™(コンチ・コネクト)は、タイヤの性能を最適化するために必要なデータを提供します。このシステムは、ホイール内のセンサーから情報を収集し、各車両をリモートで監視します。温度や圧力などのデータポイントが収集され、分析され、車両全体として判断されます。ContiConnect™(コンチ・コネクト)は、データをリモートで監視・評価し、緊急性の高いアラートを即座に通知することで、タイヤに関連する故障を防ぐので、車両は修理工場に行く必要がありません。リアルタイムのステータス更新とアラートは、生産性を向上させ、メンテナンスの必要性を減らし、コストを削減します。

効率性の向上は、オーナーの利益だけでなく、お客様のコスト削減にもつながります。AI車両管理システムは、使用頻度が高まり、多くの情報を得られるようになると、判断能力が向上します。渋滞を避けるためにより良いルートを取るようになり、現実の気象条件などに基づいてより正確に危険を予測し、メンテナンスの問題をより効果的に診断して解決するようになります。
クルマが効果的に自己監視・自己修復することで、安全性が向上します。例えば、ゆっくりとした漏れを検知することで、タイヤの空気圧が低下するのを防ぎ、事故の原因になる前に修理することができます。これは、車を運転していても、タイヤの点検や空気圧の維持に責任を感じていない場合には特に重要なことです。1日に複数のユーザーが同じクルマを運転する場合、タイヤの自動モニタリングは単なる便利なおまけではありません。

データに基づいた最適化により、排出ガスを削減し、スムーズで燃費の良い運転を管理することで、車両全体の持続可能性をさらに高めることができます。効果的な車両のトラッキングはシェアードモビリティの未来を成功に導く鍵のひとつとなります。